ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2017年08月04日

【連載】武雄に移住してよかったこと ⑤人

六本木から佐賀県武雄市に移住して今、5年目になりました。
皆さん、こんにちは。
「武雄の自由の女神」(自称)こと、永田裕美子です。

 

 

小学5年生の元気がありあまっている女の子と、
保護犬2匹を育ている肝っ玉シングルマザーです。
どうぞよろしく。

 

 

さて
「六本木からなら、退屈じゃないですか?」
とよく聞かれるんですが、結構今の暮らし、いいですよ?
ってことで、武雄に移住してよかったことを
5週に渡ってご紹介してまいりましたが、
残念ながら今週が最終回です。

武雄に移住してよかったこと、最終回はそう、

「人」

です。

 

今、全国に4000人以上の
「地域おこし協力隊」(総務省事業 平成28年度は4,158名)がいますが、
私はその「地域おこし協力隊」のOGなんですが、

私のように定住する人ももちろんたくさんいますけど、
たぶん、半数くらいは任期後(または任期途中で)離れて行かれます。

その大きな要因はぶっちゃけ、

「人」

だと思っています。

よく聞くのは、

「地元の方々が受け入れてくれなかった」
「いつまでたってもよそ者だった」

そういう意味では、私はラッキーだったかもしれません。
武雄はすごく居心地がいいですw
ま、仮に、受け入れてもらえなくても、いつまでもよそ者扱いでも

「気にしない!!!」

って私の性格もあるかもしれませんがw

武雄に移住して半年たったある日のこと。
10月23日は武雄ではおくんちがあり、本物の馬を走らせて弓を射る
「流鏑馬(やぶさめ)」の奉納なんかもあるんですが、
そのとき、ある地元の友人から電話がありました。

「裕美子さん、お赤飯もらった?」

えっ???もらった???
お赤飯を、もらうの???なんで???
よく事情が呑み込めないまま

 

正直に「いや、もらってないですが」と言って電話を切り、
終業後自宅に戻ったら、

ドアノブにお赤飯がかかってました。

 

えええーーー!!!
おくんちサイコー!!!

 

 

とか、

家庭菜園をされている家庭も多く(土地があまっている田舎あるある)
帰宅するとこんな感じで、

 

 

地域の方々がとても温かいのです。

「傘立てある?」「ないです」というと、
玄関先に立派な陶器の傘立てが置いてあったり、

またあるときは、「具合が悪くて寝ている」とfacebookに書けば、
犬の散歩を買って出てくれる方がいらっしゃったり…

NY5年東京6年、隣の人とすらコミュニケーションを取らない、
むしろ他人に素性を知られるのが怖いくらいのレベルで生きてきましたのでw

みんなが私の家を知ってるってのも逆に怖いですけどw
ま、楽しいですよ。家に帰ったら、ドアノブにいろいろぶら下がってるってのはwww

実は、地域おこし協力隊任期中、外の人と中の人とか、
移住者とか外国人とか、いろんな人たちが交流できるカフェってのを立ち上げ
1年くらい運営したんですが、そのときの改装費はクラウドファンディングで集めました。

 

(クラウドファンディングのおかげでおシャンティなカフェができました)

本当にお金がなかったのでw、食器は「お値段以上ニトリ」で揃えたんですけど、
「せっかく武雄には “武雄焼” というのがあるので…」と、

ご自宅にある武雄焼の器を譲ってくださる方がいたり。

 

(武雄焼、または黒牟田焼と呼ばれる武雄の焼き物)

たった1年でしたが、本当に多くの方々にかわいがっていただき、
もう感謝しかありません。そのときはつくづく、本当につくづく、
武雄に移住してよかったと、何度泣いたかわかりません。

現在は地域おこし協力隊ではないんですが、
今も自分のできる範囲での地域おこしには、協力させていただこうと

地元のイベントやボランティアなど、積極的に参加させてもらっています。

 

(毎年秋に行われる“温泉deビートルズ”)

単に、まつり好きってのも否めませんが…w

(毎年春に行われる“武雄温泉春まつり”)

武雄市には「お住もう課」という移住に関する専門の課があり、特設サイトもあります。
http://www.city.takeo.lg.jp/osumou/

また、実は私、佐賀県の「地域移住サポーター」なども拝命いたしておりますので、
なにかありましたら、どうぞご遠慮なくご相談ください。
外の人の悩みももちろんわかりますし、
必要な方とつなぐことを私、大変得意としております。

5回に渡り、「武雄に移住してよかったこと」をご清覧いただき、
誠にありがとうございました。

なにかしら武雄の暮らしが少しでも垣間見ていただけたら幸いです。

永田裕美子

 

(こちら、同僚の武雄市役所 広報課の皆さんに支えてもらっています)

lady_gaga

名前:永田裕美子
職種:番組制作など
出身:千葉県松戸市

将来の夢:専業主婦

武雄市観光協会 ブログ「永田裕美子のススメ」(http://www.takeo-kk.net/recommended/nagata/)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたりごと文庫編集長 浅野有希

ふたりごと文庫編集長 浅野 有希
産業能率大学3年生。
大学2年生の時、ニッポン手仕事図鑑のインターン生として参加し、
2周年感謝イベントや期間限定ショップのスタッフとして活動する。
現在は「日本の地方の魅力を伝える仕事」に就くため、日々猛勉強中!

ふたりごと文庫にご興味の有る方、記事を書いてみたい方は
こちらよりお気軽にご連絡くださいませ。

本が発売されました!
NEW SERVICE
SPECIAL THANKS