ニッポンものづくりフィルムアワード 作品公開中!

ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2018年02月22日

すべては愛からはじまる -ブリ御殿を地域の宝に


 
 

はじめまして、若干逆光で失礼します、ひだか(@noripiku19)です。

生まれと育ちは宮崎県延岡市赤水町、
陸の孤島のそのまた孤島の漁村で実家からの眺めはこんな感じです。

 

早稲田大学商学部を卒業後、東京海洋大学大学院へ。
「地域資源を活用した漁村活性化」をテーマに研究を進める修士2年生です。

今回は初回なので、現在の活動きっかけでもある海洋大学進学理由と活動内容、
それを通して私が想う地域活性化の考え方のお話をしたいと思います。

こんな人もいるんだなーくらいに思ってもらえたら嬉しいです。

 
 
 
 

◆海洋大学進学きっかけー「自分のルーツが知りたかった」

 
 


 

突然先祖の話を始めますが、私の先祖は
明治期に「日高式鰤大敷網」というブリを獲る網を発明した発明者。

現在日本に普及する大敷網の原型でもあり、水産界の革命児として歴史に名を残し、
当家は水産業を生業としてきました。
(開発の理由は「そこにブリがいたから。」単純動機での行動 is DNA)

 

私はこれが恥ずかしくてたまらなかった。
渋谷!原宿!六本木!!と中学生くらいから大都会に執着していた私は、
漁業とかダサいしこんな田舎まじどうでもいい!と逃げるように上京したし
上京後も全く興味なんてもちませんでした。

 

 
 
 

◆歴史を紡ぎたい

 
 

そんなこんなで海洋大学に無事入学。
たくさんの学びがあり先祖のことを誇れ始めたし、

生まれ育った地が、水産業の衰退と共に地域自体も衰退していっている現実を知り、
なんとかしたいなぁと思うように。

そんな中、「海業」という考えに出会います。

 

 
 

「海業」とは水産業だけでなく、体験、マリンレジャー、漁村の景色や文化、歴史までをも
資源として利活用することで、漁村の活性化を目指す新たな生業のこと。(観光業に近い)

……これからの人生、私がやるべきことはこれだ!と運命を感じました。

 


 
 

というのも地元には通称「ブリ御殿」と呼ばれる
先祖が建てた27LDKのお屋敷、歴史にひもづく調度品が現存しています。
(http://ryouteihidaka.com 有形文化財に指定)

これはまさに海業でいうところの地域資源。

 

もとより料亭として事業をしていましたが一見様はお断りのかなり閉鎖的な場所で、
“地域の”資源としての認識はありませんでした。

 

昨年より地域の皆様に親しみを持ってもらえるよう、新しく料亭より気軽なカフェをオープン。
すると毎日予約が入り、ブリ御殿に愛着ももっていただけるように。

「なんとか、後世に残してほしい。」

何度もお客様からこの声をいただき、
地域の宝へとだんだん変わってきてるなぁと実感しています。

 
 

しかしまだまだ漁村活性化できているとは言えません。
歴史に紐付くブリ御殿を通してこの村を知ってもらうことで、行ってみたい場所、
そして住みたい地域へとしていくのが、今後私の人生を通しての役目だと思っています。

 
 
 

◆地域活性化で大事なのはその地や歴史への愛

 
 

 
 

研究テーマが「漁村活性化」というと、随分限定的だねと言われたりするのですが、
地域活性化の根本的な考え方は同じではないかと考えています。

それは、

・地域自らが地域資源に気づくこと(愛すること)▶︎資源の発掘
・(事業者、地域内外のヒト)各々が資源に対する愛(熱)を語り共有すること▶︎共創価値の創造
・愛(熱)を連鎖、研磨、育て人と地域の間に強い繋がりを作ること▶︎持続的事業

の3つです。

 

 

その土地にしかない歴史、風情、景色、歴史を紡ぐ人たちが地方には必ず存在します。

地域活性を目指すならまずは当事者が地域の歴史、資源を誇り、愛すること。

人のつながりも、地域活性化も、全てはきっと、愛からはじまるから。

 
 

名前:日高論子(ひだかのりこ)
職種 学生
出身 宮崎県 延岡市

漁村うまれの東京かぶれ女子。 “宮崎のブリ御殿の人”で覚えて下さいませ。
twitter @noripiku19
hp: http://ryouteihidaka.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーペーパーvol.3完成!
重版されました!
OUR SERVICE

ニッポン手仕事図鑑オリジナルデジタルカタログギフト

SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram