ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2017年07月05日

猟師になって感じたこと

こんにちは!かとパンです!

兵庫県宍粟(しそう)市で、地域おこし協力隊をしています(^_^)

移住生活から自給的な暮らしに興味を持ち、農業や家庭養鶏そして狩猟をしています。

seifuku_20170705

 

「狩猟」というと、山に入って鉄砲で鹿や猪を獲るイメージが湧きませんか?

実は猟師には、もう1パターンあるんです!

それが、【わな猟師】

私は昨年度、わな猟師の免許を取得しデビューをしました。

shika_20170705

 

けもの道(鹿や猪が通る道)を見つけて、わなを仕掛けます。

わなにも色々な種類がありますが、私は「くくりわな」という

ワイヤーで鹿や猪の足をくくるものを使っています。

わなを仕掛けたら、毎日見廻りです。

捕獲できてると嬉しいのですが、ここからの作業が辛い…。

鉄パイプで首根っこを叩き、失神させ、ナイフで刺して命を奪います。

「残酷」

と言われてもしょうがないですが、

皆さんが食べているお肉も、そうやって命を奪われています。

鉄砲でも、わなででも、猟師は命に一番近いところで活動をしています。

自らの手で捕まえて、殺して、食べて。

この経験から、色々なことを感じました。

ryoshi_kato

 

・当たり前にあることは、実は当たり前じゃない

・命の根源を知ることで、本当の感謝を知る

高齢化により、年々猟師の人数が減り

鹿や猪などの有害鳥獣による、農業被害・森林被害の拡大が問題になっています。

地域のために、そして自分のために…

命に真っ向に、そして真摯に、私は猟師を続けていきます。

kato_prof

名前:かとパン
職種:地域おこし協力隊
出身:京都府

頭よりも体が先に動くタイプ。冒険好きの自由人。

田舎の暮らし方「かとパンの移住ブログ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたりごと文庫編集長 浅野有希

ふたりごと文庫編集長 浅野 有希
産業能率大学3年生。
大学2年生の時、ニッポン手仕事図鑑のインターン生として参加し、
2周年感謝イベントや期間限定ショップのスタッフとして活動する。
現在は「日本の地方の魅力を伝える仕事」に就くため、日々猛勉強中!

ふたりごと文庫にご興味の有る方、記事を書いてみたい方は
こちらよりお気軽にご連絡くださいませ。