ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2017年10月25日

秋田県鹿角市の紅葉と”オランダ焼き”

こんにちは。
初めてふたりごと文庫を書かせて頂きます、
「うさ丸」と申します。

 

就職を機に生まれてから18年間住んでいた
鹿角を離れていました……が

昨年妻が妊娠し、自分たちが生まれ育った
自然豊かな地元「鹿角」で
子どもを育てたいと思い
数年ぶりに帰って来ました!

やっぱり地元は最高です。

 

今年8月に生まれた娘は、
めんけくてめんけくてたまりません。
ちなみに「めんけくて」とは鹿角では
「可愛くて」という意味です!

意外と難しいですよね?

私も聞いて分からない方言は
たくさんあります。

でも鹿角は心が温かい人が多いので、
意味を聞くと優しく教えてくれる方が沢山います。
私も日々勉強中です!!

 

最近はあまり
方言が使われなくなってきていますが、
これからも残していきたいですね。

方言のことはまたの機会に
書かせていただく事にして……

 

今回は
『自然』をご紹介したいと思います。

このお話をいただいた時
どんなことを紹介しようかな……と、
とても悩みました。
紹介したいところが山ほどあるのです。

何となく外を見ると
色が黄色や赤に色づき始めた山々……。

実は、鹿角市は
十和田八幡平とわだはちまんたい国立公園に
挟まれるように位置しており

多様な動植物など、
四季を通じて変化に富んだ景観を
楽しむことができる自然豊かな場所です。

今は秋!紅葉の時期です。
紹介しない理由はありません!

 

 

少し早かったようで
まだまだ緑ものこっていました……が、
私が十和田湖へ行ってきた時の絶景
お見せしましょう!

鹿角から十和田湖へは車で40分ほど……。

途中にある発荷峠はっかとうげ は展望台があり、
十和田湖を一望することができる
オススメスポットです。

この時期は平日でも駐車場が
満車になってしまうほどの人気なんです!

 

 

そこからしばらく坂を下ると
十和田湖に到着です。

私は最近聞いて知ったのですが、
十和田湖は日本で3番目に深い湖なんだとか……。
びっくり~!
(日本で1番深いのは、秋田県の田沢湖です)

 

 

歩きながら見る紅葉もとても綺麗ですが、
遊覧船から見る紅葉もまた違って見えて
とても綺麗です。

他にもカヌーや白鳥ボートなどを
楽しみながら、のんびり十和田湖を
満喫することができます。

 

 

少し話は逸れますが散策を楽しんだあとは、
ぜひ魚の塩焼きや、「おとめもち」を
食べてみてください。とてもおいしいですよ!

 

 

天気がいい日には
こんな夕日も見られるかも……?

さて、次に紹介するのは
『絶品おやつ』です。

正直、鹿角でおやつ??
有名なのある??と
思われる方も多いと思います。

あるんです!!

私が小学校の頃から愛してやまない
鹿角の絶品おやつをご紹介します!

そのお店の名前は「山田商店」
大判焼きやたこ焼き、
お好み焼きなど軽食を販売するお店です。

JR鹿角花輪駅のすぐ目の前にあり、
黄色い日除けが目印です。
中にはテーブル席があり店内で食べることも、
テイクアウトすることも可能です。

 

 

そんな山田商店、一番のオススメメニューは
「ここだけでしか食べられない!
あんこ入れすぎの よもぎ大判焼き」です。

よもぎ大判焼きは八幡平から摘んできた
「超天然よもぎ」を生地に練りこんでおり、
よもぎの風味がとても感じられ、
緑の生地が印象的です。

 

 

しっとりとした生地の中には、甘さ控えめの
手作りあんこがぎっしりと入っていて
よもぎとの相性もばっちり!
是非食べていただきたい一品です。

他に、私が個人的にオススメのメニューは、
「ハムとチーズのオランダ焼き」です。

小腹がすいた時や甘いものの気分じゃない……
という時はありませんか?

私は今まで大判焼き=甘いもの
というイメージがありましたが、
山田商店にはオランダ焼きがあります。

そのオランダ焼きとは……
大判焼きの中に、ハムとチーズ、ケチャップ、
からしマヨネーズが入っています。

オランダ焼きは注文が入ってから焼くので
10分ほど時間がかかるのですが、
待ってでも食べたい一品!

作りたてが一番おいしいですが
私が関東に住んでいる頃は、帰省の度
5つほど持って帰って
冷凍保存して食べたほどです。
もちろん時間がたってもおいしい!

そういえば……鹿角では大判焼きといいますが
地域によって呼び方が違うみたいです。

今川焼きや回転焼きなど様々な名称があり、
全国的に人気な食べ物です。

そんな山田商店の店員さんは、
お話好きな方なので
とても楽しいひと時を過ごせます。

鹿角のオススメグルメや
観光地を聞いてみてもいいですね!

ご年配の方が大判焼きを
1つ片手に持って帰ったり、
子供連れのご家族が店内で飲食したり、
バスや列車の待ち時間に利用したり……

楽しみ方は様々で、
老若男女に愛されるお店です。

1つ1つの商品もお財布にとても優しいので
メニュー全制覇目指してみてください!
(ちなみに私は全制覇まであと少し……!)

鹿角は本当にいいところなので
皆様もぜひ一度来てみてください。
また来たくなる……そんなところです。

まだまだ語りたいことはありますが、

へば、まんずな!(じゃあ、またね!)

名前:うさ丸
職種:事務
出身:秋田県
ひと言:日々の娘とうさぎの成長に感動中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたりごと文庫編集長 浅野有希

ふたりごと文庫編集長 浅野 有希
産業能率大学3年生。
大学2年生の時、ニッポン手仕事図鑑のインターン生として参加し、
2周年感謝イベントや期間限定ショップのスタッフとして活動する。
現在は「日本の地方の魅力を伝える仕事」に就くため、日々猛勉強中!

ふたりごと文庫にご興味の有る方、記事を書いてみたい方は
こちらよりお気軽にご連絡くださいませ。

本が発売されました!
NEW SERVICE
SPECIAL THANKS