• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図鑑

江戸切子|小林硝子工芸所

現存する貴重な江戸時代の工芸品の製作技法である江戸切子。小林硝子工芸所の歴史は、創業者の小林菊一郎が東京都江東区猿江町で江戸切子を継承する大橋徳松に師事した1908年(明治41年)に始まった。その歴史を受け継いだ三代目の小林淑郎は日本伝統工芸奨励賞などの多数の賞を受賞し、2005年には経済産業大臣指定伝統的工芸品「江戸切子」伝統工芸士に認定される。また、2009年には江東区無形文化財指定を受けた。

会社情報

小林硝子工芸所

東京都江東区猿江2-9-6

http://hw001.spaaqs.ne.jp/arazuri/