尾張仏具後継者インターンシップ 飛騨高山 漆塗師後継者インターンシップ 芦屋釜後継者インターンシップ 現在募集中!伝統工芸の後継者インターンシップ一覧 インターンシップや求人情報等を配信中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図鑑

越中瀬戸焼職人|庄楽窯・釋永陽 陶芸工房

1590年代の終わりに、前田利家が尾張国瀬戸から陶工を招き、焼き物を作らせたのが越中瀬戸焼の歴史の始まり。それから430年以上、富山県立山町新瀬戸地区で作り続けられ、最盛期には120を超える窯元があったが、現在では数軒を残すのみとなった。その歴史を受け継ぐ職人のひとりが、釋永由紀夫だ。国内外でファンが多く、アップル社の故スティーブ・ジョブスも釋永の作品を愛した一人である。その父から技術を受け継いだ、娘の釋永陽。父とは異なる感性を活かしながら、今日も自然に包まれた自身の工房で、心地よい作陶の音を響かせる。

会社情報

庄楽窯・釋永陽 陶芸工房

富山県中新川郡立山町上末51