ニッポンものづくりフィルムアワード 作品公開中!

ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2016年10月08日

お散歩がてらに水族館へ

こんにちわ、波乗りドリーマーです!
季節はすっかり秋へと変わり、過ごしやすい陽気。
そんな陽気に誘われ、息子と水入らずでお出かけをした
とある休日のお話です。

神奈川県藤沢市にある「新江の島水族館」。
お散歩ついでに行ける距離にありながら、
移住して4年間、一度も訪れていなかった、夢の竜宮城。
息子のハーフバースデーを機に行ってまいりました。

入り口でチケットを買おうとしたところ、
1枚大人2,100円、幼児600円(2歳まで無料)のチケット以外に
年間パスポート 大人4,100円(1年間行き放題)の案内板が。
当然、お得な年間パスポートを購入して、いざ入場。

休日ということもあり、
家族連れやカップルなどで中は大賑わい。

まず僕ら親子を出迎えてくれたのが、
ホール中央に位置する、様々な魚が泳いでいる大きな水槽。

歓迎してくれているのか、
イワシの大群が渦を巻いてお出迎えをしてくれました。

IMG_1246

そんな姿をはじめて目の当たりにした息子は、目がテンに。。。
いったい何だろうと不思議そうに眺めている姿に、父 …思わずひとり笑い。

IMG_1265

次に、クラゲのシンクロと遭遇。
何時間でも眺めていられそうな幻想的な姿。

IMG_1254 IMG_1255

水族館で見るクラゲはとてもきれいで神秘的、
サーフィンで出会う攻撃的なクラゲとは大違い。(苦笑)

そして、決して出会いたくはない海の百獣の王、サメさん。

IMG_1260

でも、近くでみると、どこか愛らしい姿。
水の外から見るのと、水の中から見るのとでは、まるで印象が違う。
視点を変えると違ったものが見えてくるのは、こうした場面にも表れてくるものですね。

そんな気付きも得られ、お楽しみのイルカのショーへ。

と、あれ?

イルカのプールから人がたくさん戻ってくるぞ?

まさか?

そう、終わったばかりでした。。。

息子に謝り、イルカさんは、また次回ね!
と、少し名残惜しくも、十分楽しめた水族館のお話でした。

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

http://www.enosui.com/

ちょっとした幸せを感じるふたりごと。

波乗りドリーマー

ニッポン手仕事図鑑WEBディレクター 波乗りドリーマー

名前:波乗りドリーマー

職種:バイヤー

出身:福島県

たくさん山に覆われている故郷の福島に住んでいるころから、
海に憧れ、湘南に移住したお気楽サーファー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーペーパーvol.3完成!
重版されました!
OUR SERVICE

ニッポン手仕事図鑑オリジナルデジタルカタログギフト

SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram