ニッポンものづくりフィルムアワード 作品公開中!

ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2018年01月16日

大好きなまちを、大好きな人に知ってほしい。-SUKIMACHI

SUKIMACHIとの出会い

 

 

ずっと「何かまちのことを発信できないか」
「同世代で自分と同じような気持ちを持つ人と出会いたい」と思っていた。
そんな時に出会ったのが、SUKIMACHIだった。

2016年2月頃、初めてそのイベントに参加した。
それが「地元好き集まらん会」だ。
タイトル名からこれはもう興味深い・・・。

そしてその場にいた学生らはまさに「地元が大好き」な人ばかりであった。

家が伝統工芸の家だったり、味噌屋であったり、酒蔵であったり。
自分の大好きなもので、地元を発信している学生が多くいた。
まさに私が求めていた場所だと感じ、入団するきっかけとなった!

SUKIMACHIとは

 

 

SUKIMACHIは地元(すきなまち)を発信する学生を増加させ、若い世代の「遊ぶ・働く・暮らす」選択肢を広げることを目的とした学生団体である。

現在、首都圏の大学生を中心におよそ40名のメンバーで構成されており、
それぞれが持ち回りの地域のアンバサダーを自称することで、その地域のPR活動に取り組んでいる。

軸となる活動は地元(すきなまち)を題材にしたイベント、セミナー、プロジェクト、ツアーなどの企画・運営。

 

結成2年目で、全国の地元好き学生を集めたイベント「地元好き集まらん会」や、
地域のPRイベント、オリジナルツアー「全国すきMatch旅」等、約50の企画を実施し、
参加者は総勢650人を超える。

中でも「地元好き集まらん会」では、地元(すきなまち)に対して
熱い想いを持った学生が参加者に対してプレゼンテーションを行なうなど特に盛り上がりを見せる。

さらには実際に地元を感じる事ができるような
郷土料理や特産品、地酒、伝統工芸品などの提供も行なっている。

 

そこで、普段触れることのなかった地域の「食・文化・人・自然・歴史」を体験する事になり、
地域に溢れる魅力を知るきっかけに繋がると考えている。

様々な地域のことを広く知り、それぞれの地域の人々と更に関係を広げていけたなら、
若い世代の「遊ぶ・働く・暮らす」選択肢を広げることができるのではないだろうか。

 

〈活動内容・主な実績〉

地元好き集まらん会

参加者数
・地元好き集まらん会vol.1      51名
・地元好き集まらん会vol.2      44名
・地元好き集まらん会vol.3      37名
・地元好き集まらん会vol.4      45名
・地元好き集まらん会vol.5      46名
・地元好き集まらん会 SP        47名
・地元好き集まらん会vol.7      49名
・地元好き集まらん会vol.8      55名

 

全国すきMatch旅
メンバーが自らの地元を案内するオリジナルツアー。

地元民でしか案内できないディープなスポットを紹介し、地元PRに繋げる。
ツアーの内容はそれぞれだが、地域の民宿や酒蔵、味噌屋、伝統工芸職人のもとなどを訪れた。
これまでに20都道府県以上で開催。

参加者数
・すきMatch旅in石川      17名
・すきMatch旅in香川      10名
・すきMatch旅in熊本      12名
・すきMatch旅in宮城      10名
・すきMatch旅in岐阜      5名
・すきMatch旅in愛知      5名
・すきMatch旅in千葉      10名
・すきMatch旅in兵庫      8名
・すきMatch旅in富山      6名   などなど
その他各種イベント主催や企業・行政・NPOとのコラボイベントを共催。

終了しました。

MY FUTURE CAMPUS主催「大学園祭」

SUKIMACHIがブース出展、和泉大介さんが“学生ロールモデル”として登壇します!

大学新1年生~3年生の「春から何か新しいこと始めたい!」人向けイベント。
学生団体・長期インターン企業・日本一の大学生が集結。
「大学生のうちに夢中になれること」が見つかるはず!!

日程:2018年3月28日(水)
時間:10:00-17:30(入退場自由)
会場:横浜大桟橋ホール
入場料:500円(招待コード入力で無料)
HP:http://daigakuensai.mycampus.jp/

 
 
 

なぜ“すきなまち”を発信するのか。

 

 

私に限れば、答えは一つだ。
「大好きなまちを大好きな人に知ってほしい」
千葉県銚子市は世界一のまち!

胸を張って言い切れます。

魚も美味しく、野菜もみずみずしく初日の出だって日本一早く見れちゃう。

そして「人」が熱い。

そんなまちを今は自分の周りの大好きな人に、
一人でも多く熱意を持って発信しています!

名前:和泉大介
職種:獨協大学法学部法律学科3年
SUKIMACHI 代表
銚子観光大使(2017年12月27日委嘱)
出身:千葉県銚子市

銚子に来るといいちょーし!
私の大好きなまちは、千葉県銚子市。

【SUKIMACHI(スキマチ)】
地元(すきなまち)を発信する学生を増加させ、若い世代の「遊ぶ、働く、暮らす」選択肢を広げることを目的とした学生組織SUKIMACHI(スキマチ)。 名前の由来は、①すきなまちを発信。②すきなまちに出会う(Matchする)。③まちの隙間に隠れた魅力が集まる。

Twitter/Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーペーパーvol.3完成!
重版されました!
OUR SERVICE

ニッポン手仕事図鑑オリジナルデジタルカタログギフト

SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram