ニッポン手仕事図鑑
マーチエキュート神田万世橋 期間限定店舗レポート
後編

ニッポン手仕事図鑑マーチエキュート神田万世橋 期間限定店舗レポート

物販のみではなく、より職人さんと直接触れ合う機会を提供したいと考えて、
下記の3日間、職人さんに来ていただきワークショップを開催しました。

遠方から駆けつけてくださった職人さんのためにもと、
スタッフが積極的に道行く方へ案内を進めている姿を見て、
これこそが『ニッポン手仕事図鑑のあるべき姿だ!』と、
ひとり興奮し、人一倍声に張りを出していました!(笑)

ワークショップの概要は、
3月3日(金) あいりぃ 和紙のフラワーデザイナー 五十嵐様
3月4日(土) 中村正  江戸組紐職人       中村様
3月5日(日) 大坂屋  鹿沼箒職人        鈴木様
でありました。

1回目のフラワーデザイナー 五十嵐さんのワークショップでは、
伝統の越前和紙を使ってバックチャームをつくる体験が人気で、
とくに女性の方が積極的に参加していました。

五十嵐さんの優しいお人柄と、とにかく褒めながら教えるワークショップは、
「たくさん褒められて、なんだか癒される!」という声も上がり、
盛り上がりをみせていました。

そんな五十嵐さんの人柄からか、
自然とお客様が集まり、終始和やかな雰囲気でした。

フラワーデザイナー 五十嵐さんのワークショップ

2回目の江戸組紐の中村さんのワークショップでは、
実際に組紐職人さんが使用している組台、おもり、正絹糸を使用し、16玉の組紐にて、
ストラップやブレスレットの製作体験をご用意しました。

縄文時代から続く組紐、本格的な手作業は難しそうとの声もありましたが、
中村さんの丁寧な教えに忠実な参加者。
職人と思わせる凛としたその後ろ姿を見て、
すぐに安心しました。

仕上がったストラップも初めてとは思えない出来栄えで、
ワークをしながら組紐の歴史を学ばれていた参加者の方たちは、
みなさんとても楽しんでいるようでした。
参加者のなかには、小さなお子様連れのママさん達もいらっしゃり、
中村さんの優しいパパの一面をのぞかせるシーンもあり、
素敵なワークショップでした。

江戸組紐の中村さんのワークショップ

そして、最終日の鹿沼箒職人 鈴木さんのワークショップは、
栃木県鹿沼市で15代続く箒職人さんとつくる開運ほうきの体験をご用意。

底抜けの明るさと持ち前の瞬時に仲良くなるコミュニケーションで、
多くのお客様へお声がけいただき、お陰様で終始お店も明るい雰囲気でした。

参加者の多くは、子どもたち。
目をキラキラさせながら、熟練の箒職人さんの教え通りに作っていました。
最後に、木札に願い事を書くシーンでは、
嬉しそうに、でも真剣なまなざしで考える子どもたちの姿に
親御さんも笑顔を浮かべ満足しているご様子でした。

鹿沼箒職人  鈴木さんのワークショップ

こうしたワークショップにより、普段知ることができない
職人さんたちの手仕事を体験いただくことは、
使い手の方たちにとって、新たな発見につながる
有意義な時間であったと感じました。

一方、職人さんにとっては、使い手の方たちへ教えることで、
自分たちの手仕事を発信できる場となること。
そして参加した子どもたちが、次世代の職人さんになりうること。
そうした機会になったのでは、と振り返っています。

催事の期間中、国籍を問わずさまざまなお客様が来店され、
ひとりひとり丁寧に職人さんの手仕事のお話をした結果、
学んだことがあります。

それは、日本の手仕事に多くの方が関心を抱いているということ。
しかし、その手仕事を知れる機会に恵まれていないこと。
そのことを強く感じました。

つまり、僕たち、ニッポン手仕事図鑑の活動がもっと広く知られていくことで、
日本の職人さんを知っていただく、よい機会へつながっていくのだと。

そのためにも、今回のような催事のイベントをはじめ、
社外活動、今後開始する新サービスの展開など、
積極的に活動を進めていくことが大事であると、認識することができました。

最後に、今回ご協力いただいた職人様、関係者の方々、
そしてニッポン手仕事図鑑のスタッフ皆さん、
本当にありがとうございました!

そして、お疲れ様でした!

期間限定店舗レポート前編を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本が発売されました!
NEW SERVICE
SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram