ニッポンものづくりフィルムアワード 作品公開中!

ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2016年02月26日

渋いも甘いも

美味しいりんごとホットコーヒーの組み合わせは最高だと思ってる、
映像担当のたかちひろです。
…口の中に広がるりんごのフルーティな甘み…そこへ温かい苦味の効いたコーヒー。
いやー最高ですね。
どちらかというとフルーティなコーヒーが好きってこともありますが、
コーヒーってフルーツと合うと思うのです。
コーヒー屋さんのメニューにりんごってあるとええのになぁ。
ちなみに写真はりんごじゃないですけど、月光荘画材店さんでのコーヒー。
銀座でコーヒーが飲める穴場的なところです。
すっごく狭くてとても素敵なところ。

月光荘コーヒー

さて、冒頭から何や?って感じですが、
私、たかちひろが手仕事図鑑に関わったのは4ヶ月程前。
自分でも意外なほど最近ですが、
濃い時間をすごさせて貰って一年以上経ったような感覚です。

そんな手仕事図鑑。
ふたりごと文庫がはじまったということで、
私は時にその濃い時間の紹介や、個人的に面白いと感じる
ことを 綴っていきたいなと思ってます。

ちなみに私は東京に来るまで、
コーヒーがほとんど飲めませんでした。
とある劇団に入団して稽古三昧の日々だったのですが、
稽古場は常にホットコーヒーがあって
(用意するのが私達、若手の仕事でもありました)
いつのまにか好きになってました。
あんな苦いものを飲む心境がさっぱり分からなかったのに、
人って変わるものです。
大好きな甘いものが欲しいと思わなくなったり、
セロリが美味しいと思うようになったり。
色々変わりますね。味覚だけじゃなくて、考え方も。

ちなみに私は若さというのは、
「はっきりしてる」ことだと思ってます。
小さい頃や若い時って、コントラストが強いというか、
好きと嫌い、これが正しいとか、はっきりしてる。
それだけで満足出来る。
年齢を重ねると、色々価値観も増えるし、複雑になってくる。
どちらかというと迷うことの方が多い。
細胞は戻れませんが、若さならいつでもコントロール出来るぜ。
とか言える素敵な大人になりたいもんですなと思いながら、
今日もコーヒーを飲んだりする、たかちひろでした。

ニッポン手仕事図鑑 たかちひろ

名前:たかちひろ
職種:撮影、編集
出身:兵庫県

いつも本名を読みor書き間違えられるひと。
6年住んだ岡山は第二のふるさと。
その所為か、いつも岡山出身と記憶されてしまう。
出身も名前もって…ま、いいんですけどね。

映像制作 独楽
http://eizouseisakukoma.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーペーパーvol.3完成!
重版されました!
OUR SERVICE

ニッポン手仕事図鑑オリジナルデジタルカタログギフト

SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram