ニッポンものづくりフィルムアワード 作品公開中!

ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2017年05月26日

秋田県小坂町の散歩道

初めてふたりごと文庫を書かせて頂きます、
「あかしあ」と申します。
秋田県でWEBデザイナーアシスタントをしております。

今回ありがたくも記事を書かせて頂くことになり、
私の地元について少しばかりご紹介させて頂きたいと考えました。
地域の良さを共有する、そのお手伝いになれば幸いです。

天気の良い日、お気に入りの散歩道は『明治百年通り』です。

かつて銅山として栄えた私の地元・秋田県の小坂町ですが、
この通りにはその歴史を彷彿させる遺産が多く並んでいます。

二体の銅像

通りにはあちらこちらに銅像が建てられています。
どれもほぼ等身大かつ自由に触ることが出来るので
横に並んで記念撮影するのもOKです!

この2体の像は「明治時代のとある夫婦」を模しているものです。

アカシアベンチ

設置されているベンチには、
町の花であるアカシアがあしらわれています。

ちなみにアカシアの花は天ぷらにするととても美味しいですよ!
町のお店で作っているアカシアのハチミツも人気があります。

入り口から少し進むと右手に見えてくるのが、
国重要文化財でもある明治からの芝居小屋・『康楽館』です。

康楽館

歴史ある建物ですが、今でも現役で歌舞伎座の講演が行われています。

私が幼稚園生の頃は、年長組が卒園前にここで歌舞伎の演目を演じたり
浴衣姿で舞を踊ったりするという風習がありました。(現在は分かりませんが。)

当時6歳の私が演じたのは『白波五人男』の盗賊・赤星十三郎(男!)役でした。

呼びこみ銅像

康楽館の前にもこんな銅像が。
お客様の呼び込みをしている様子です。

そしてこのお隣に建つのが明治期小坂町のシンボル『小坂鉱山事務所』です。

<小坂鉱山事務所>

小坂鉱山の中心施設として建てられたもので、
建築物としての華麗さ、時代のシンボルとしての貴重さなどから
康楽館とともに国重要文化財(建造物)に指定されています。

内部の見学もOKで、小坂鉱山の歴史を知ることが出来ます。

6月に町で行われるアカシア祭りの時期には、
館内で借りられるドレスを身に纏い
バルコニーで記念撮影をする観光客の方々の姿も多く見受けられます。

近年ますます観光に力を入れている小坂町です。
皆様も是非一度お越しになってはいかがでしょうか。

icon

名前:あかしあ
職種:WEBデザイナーアシスタント
出身:秋田県

柴犬が好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーペーパーvol.3完成!
重版されました!
OUR SERVICE

ニッポン手仕事図鑑オリジナルデジタルカタログギフト

SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram