ニッポンものづくりフィルムアワード 作品公開中!

ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2018年09月20日

誰ひとり仲間外れにしない、みんなの居場所をつくりたい。

こんにちは。今回浅野さんにお声掛けいただき、記事を書くことになりました。
筑波大学3年生の鈴木葵です。野球とロックとめろんぱんが大好きな20歳です。

現在私は、「2020年の東京オリンピックで夏フェスを開催したい!」という夢を叶えるべく活動しています。
今回は、私がこの活動を始めたキッカケや私の想いを中心に書いていこうと思います。

◎オリンピックに魅せられて

 

今年の2月、私は平昌オリンピックに行ってきました。
以前から「東京大会でなんかしたいなー」という想いはぼんやりと持っていたので、そのための視察でした。

そこで私はオリンピックの魅力に憑りつかれることになりました。


 

オリンピックの会場周辺には、あたりまえですがいろいろな国の人がいます。
そしていたるところで、さかんに人々のコミュニケーションや助け合いが起こっていました。

たまたま同じ空間に居合わせたとき、自然と会話が生まれて仲良くなったり、
目があったときに優しく微笑みかけてくれたり、
困っているときは、大会ボランティアをはじめ、現地の人、通りがかりの人たちが助けてくれたり、
逆に誰かを助けたときは、嬉しそうに“Thank you”と言ってもらえたり。

だれかが笑ってくれたら自分も笑顔になるし、だれかが喜んでくれたら自分も嬉しい。
言葉が通じなくても気持ちが通じ合う瞬間に日々感動していました。

そこにはまさに平和の祭典にふさわしい、人々の笑顔と優しさが溢れるステキな空間が広がっていました。
これまでに見たことのない景色、経験したことのない感覚でした。

オリンピックという特殊な環境だからなのか、平昌という場所だからなのか、
それとも単なる偶然なのか、あんなにもステキな空間がなぜ、どうやって実現していたのかはわかりません。
それでも私は魅せられ、自分の手でそんな空間を作って、もっとたくさんの人に体験してほしいと思いました。

 

◎音楽の魔法

 

そんな空間どうやって作るんだ、という問いの答えを見つけたのが、平昌最終日に訪れたハイネケンハウスでのことでした。

そこでは、DJやバンドのパフォーマンスが行われる中、みんなで歌ったり踊ったり。
国籍や文化や言語のちがいを越えて、みんなで音楽を楽しみました。
そしてこの時の体験が私の原体験となりました。


 

私はこれまであまり自分を表現するのが得意ではありませんでした。
自分の気持ちや感情を、遠慮して溜め込んでしまいがちでした。
それゆえに、これまでこういう楽しい場にどこかうまくなじめないことも多くありました。

 

だけどこの時、音楽に合わせてみんなと歌ったり体を動かしたりしているうちに、
魔法にかかったかのように、余計なことを考えず自然体で楽しんでいる自分がいました。
そしてそこには、ありのままの自分を受け入れてくれて一緒に楽しもうとしてくれる心地よい空間がありました。
オリンピック会場で体感した、笑顔と優しさが溢れる空間がここにもありました。

その時私は、音楽にはその人らしさを引き出す力と、人と人とをつなぐ力があると確信し、
同時に、音楽の魔法で私が作りたいと思った空間が作れるんじゃないか
と思いました。

スポーツを通じて理解し合い、平和な世界を作っていくことを掲げるオリンピックと並んで、
音楽を通じてありのままを受け入れ合い、ちがいを越えて協働する、優しい世界を作ることを掲げ、「もうひとつの平和の祭典」を開きたい。
そんな想いから、「2020年の東京オリンピックで夏フェスを開催すること」が私の夢になりました。

 

◎誰も仲間はずれにしない世界を

 

よくこの目標を人に話すと、「音楽を通して国際交流したいの?」と言われることが多いのですが、それは少しちがいます。

私のコアは「誰ひとり仲間外れにしない、みんなの居場所をつくること」です。
だれも仲間はずれにしたくないし、誰にも居心地の悪さを感じてほしくないのです。

そこにいるだれもが無理せず自然体で、だれかとつながって、楽しめる。
あらゆるちがいを越えて、みんなが楽しさや居心地の良さを感じられる。
国際交流はあくまでそのための手段のひとつだと思っています。

誰も仲間はずれにしない世界にしたい、と口で言うのは簡単だけど、実際作るのはすごく難しいと思います。
それでも、せめて私が作り出す空間の中でくらいは、そんな理想郷を実現したいのです。

 

◎さいごに

 

ここまでいろいろと熱く語らせてもらいましたが、実はまだ動き始めたばかりで、決まっていないことだらけです。
それでもありがたいことに、「おもしろそう!」と賛同してくれる人たちが少しずつ集まってきて、ようやくスタートラインに立てました。
これからプレイベントなどを重ねていき、2年後には絶対に形にしたいと思っているので応援していただけたら嬉しいです。

活動に興味を持っていただけたら、ぜひ私のTwitterやnoteも覗いてみてください。
また、もし協力してくださる方がいましたら、私までDMなどからご連絡ください。
よろしくお願いします!

Twitter→@melonpan_oic
note→https://note.mu/melonpan_oic

 

名前:鈴木 葵
職種:学生
出身:茨城県

一生に一度かもしれない日本でのオリンピックで、最高の体験と思い出を。一緒に作ってくれる方募集中です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーペーパーvol.3完成!
重版されました!
OUR SERVICE

ニッポン手仕事図鑑オリジナルデジタルカタログギフト

SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram