ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2017年08月09日

ダブルダッチで広がる世界

自己紹介/ダブルダッチとは

プロダブルダッチチーム
『NEWTRAD(ニュートラッド)』の
『AI(アイ)』と『Uryna(ユリナ)』です。

私たちは〝ダブルダッチ“の魅力を広めるべく
全国・世界でパフォーマンスをしています。

ダブルダッチとは2本のロープを使い
ジャンプ、ダンス、アクロバットなど
様々な動きを組み込んでいくパフォーマンスです。

今では世界の色々なところで楽しまれている
ダブルダッチですが、発祥の地はご存知ですか?

実は、アメリカのニューヨークはハーレムで
非行防止として広まりました。

元々はオランダ人によって
アメリカに持ち込まれた縄跳びで、

二本の物干しロープだけでできることから
子ども達に人気が出ましたが
1950年頃からすたれてしまいました。

しかしその後1973年、警察官が
ダブルダッチをして遊ぶ女の子からヒントを得て
スラム街で急増する非行に歯止めをかけるため
ルールを作り、新しいスポーツとして
普及され始めました。
(参考:日本ダブルダッチ協会http://jdda.jp)

ダブルダッチパフォーマンスのよさは?

老若男女誰でも観て楽しんでもらえる
というところですね!

複雑な技を組み込んでいますが、
あくまでベースは皆さんに親しみのある「縄跳び」。

縄跳びでここまでの
エンターテイメントができるのか!と
楽しんでいただくことができます。

さらに、誰にでも実際に挑戦してもえるんです!

複雑かつ難しそうに見えるダブルダッチですが、
実は連続ジャンプさえできれば
だれでも簡単に2本の縄の中で跳べた!
という経験をしてもらえます。

私たちNEWTRADに出会って、
ダブルダッチパフォーマンスを観ていただき
さらに実際に跳んでもらう。

こうしてお客様方に忘れられないような
“思い出”を創ってもらえるのが
この「ダブルダッチ」です。

 

 

他にない魅力とは?

まずはやっぱり『一人ではできない』
という点ですね。

最低でも3人以上でないと
縄を回して跳ぶことはできないので、
仲間を大切にすることが一番大切なところです。

パフォーマンス中のチームワークを観てもらっても
とてもおもしろいですよ。

そしてもう一つは、
ダブルダッチはもともと『遊び』だということ。

今でこそスポーツやパフォーマンスとして
知っていただいてる方も多いですが、
もともとはあくまで遊び。

ですからやっていてとにかく楽しいのと、
技や手法にもとくにルールや限界がありません。

「縄が交互に回っている」中で何ができるか、
今まで誰もやったことのない
自分にしかできない技はないか、

ひたすら追い求めることができるところが
本当に面白いんです!

 

 

ダブルダッチを広めるための活動とは?

NEWTRADのメンバーは
それぞれ大学入学時からダブルダッチを始め、

学生時代は各々のチームで
“大会に勝つため”に活動をし、
チームとしても個人としても
活躍していたプレイヤーでした。

その後、
先輩チーム『alttype(オルトタイプ)』が
シルク・ドゥ・ソレイユという
世界最大規模のサーカスでの
海外長期公演決定をきっかけに

新世代プロチーム『NEWTRAD』として
やってみないかと声をかけていただき
この4人でのプロ活動が始まりました。

ダブルダッチを熟知している人に評価され、
その中で勝負していた学生時代とは違い
プロチームとしての活動は

“ダブルダッチを知らない人に、
その魅力を伝える”というもの。

かつて世界大会にいくため、優勝するため、
全てを、命を懸けることができたくらい
愛してやまないこのダブルダッチの魅力は
どうすれば伝わるのか?引き込めるのか?
それを追求したパフォーマンスを常に考えています。

活動の種類としては、様々な場所で
パフォーマンスをさせていただくのが主流ですね。

ショッピングモールやテーマパークなどでの
イベント、お祭り、フェス、
企業様のパーティーや発売イベント、
学校の文化祭や芸術鑑賞会、

ダブルダッチやダンスイベント、
テレビ番組やコマーシャルでの
ゲストパフォーマンスなどなど。

海外にてのイベントや
サーカスの出演もしています。
またPRのお仕事をいただくこともあり、

先日は和歌山県印南町のPRのため
印南町の色々なところで
ダブルダッチをさせていただきました!

4日間に渡りたくさんの場所を回りましたが、
本当に景色がきれいで食べ物が美味しく、
暖かい方たちがたくさんの素敵な町でした。

 

 

こういった活動で色んな都道府県や国へ出向き、
みたこともない景色や文化に出会ったり、

子どもから外国人、おじいちゃんおばあちゃん
本当にたくさんの方たちに出会うことができ
「ありがとう!」と言っていただける。

本当に心からの幸せを感じています。

ダブルダッチを広めるために
活動している私達ですが、

ダブルダッチが私達を
たくさんのところに連れていってくれて、
いろんなものを見せてくれているんです!!

 

 

NEWTRADはこれからも
様々な場所でダブルダッチパフォーマンスし、

そしてこれからの世界に
もっともっと幸せな笑顔が増えていくような
活動を続けていきたいと思っております!

私たちのパフォーマンスは
きっとあなたを笑顔にします。

そしてあなたの笑顔はこれからの日本、
そして世界をもっと明るくするはず!

是非、私たちと一緒に
楽しい思い出をつくりに会いに来てくださいね。

AIUryna

そして、ここまで記事を書かせていただいた
AIUrynaは、なんと
関西初の“女性”プロダブルダッチャーとして
大きな一歩を踏み出した二人なんです。

ダブルダッチにはファッションを始め
カルチャーやトレンド、
女の子が大好きで夢中になれる要素が
いっぱい詰まっています。

そんなダブルダッチに詰まったたくさんの魅力を
“女性プロダッチャー”として発信し、

たくさんの女の子(もちろん男の子にも!)に
ダブルダッチをライフスタイルとして
楽しんでもらいたい!
というのが私達AIUrynaが常に考えていることです。

だからこそ
「ダブルダッチをライフスタイルとして
楽しむ女性」として、

多方面からのアプローチをしていければ
と思っています。そんな私たちが
これからもどんな“新伝統”を
つくっていくのか、
是非楽しみにしていてくださいね!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。
NEWTRADの公式FacebookやSNSでは
メンバーがダブルダッチをしている様子や
ライフスタイルなどを見ることができます。

是非チェックしてみてください。
皆さまにお会いできる日を楽しみにしています!

名前:AIUryna 『NEWTRAD』
職種:プロダブルダッチャー

HP:http://newtrad.jp/index.html
Facebook:https://m.facebook.com/NEWTRAD.official
Instagram:https://www.instagram.com/newtrad_official/
Twitter:http://twitter.com/_NEWTRAD_

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふたりごと文庫編集長 浅野有希

ふたりごと文庫編集長 浅野 有希
産業能率大学3年生。
大学2年生の時、ニッポン手仕事図鑑のインターン生として参加し、
2周年感謝イベントや期間限定ショップのスタッフとして活動する。
現在は「日本の地方の魅力を伝える仕事」に就くため、日々猛勉強中!

ふたりごと文庫にご興味の有る方、記事を書いてみたい方は
こちらよりお気軽にご連絡くださいませ。

NEW SERVICE
SPECIAL THANKS