現在募集中!伝統工芸の後継者インターンシップ一覧

佐賀県指定伝統的地場産品
西川登竹細工
仕事体験インターンシップ参加者募集

■「西川登竹細工仕事体験インターンシップ」概要

本応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

佐賀県指定伝統的地場産品である、「西川登竹細工」の後継者の確保を目的とした仕事体験を行う、1泊2日のインターンシップです。

佐賀県指定伝統的地場産品 西川登竹細工 仕事体験インターンシップ

日程:
2022年10月15日(土) ~ 2022年10月16日(日)
※集合場所・解散場所は、福岡空港または博多駅の予定です。

開催場所:
佐賀県武雄市内

体験内容:
【1日目】
・仕事体験 (ひごづくり、編みの作業など)
・職人さんとの座談会

【2日目】
・武雄市散策(武雄市の“暮らし”を感じられるスポットをご紹介)
・武雄市地域の方との交流会
※内容は変更となる場合がございます。予めご了承くださいませ。

定員:6名程度

【西川登竹細工とは】
佐賀県武雄市の西川登地区で、明治初期に農業の副業として始まった西川登竹細工。
戦後は500人以上の職人が働く一大竹細工産地となりました。
1950年代に入り、家具や農具などに合成樹脂が使用されるようになると、徐々に需要が減少。現在は数軒が西川登竹細工の伝統を受け継いでいます。
竹材から細い竹ひごを作り、しなりを使用して編み込む竹細工は、ほとんどが生活に密着した日用品。竹の質感から生まれる風合いは素朴で懐かしく、近年は装飾品としても好まれています。

西川登竹細工

【栗山商店について】
西川登竹細工を受け継ぐ、数少ない工房の一つ。農家さんが使う大物のざるから、米の“とぎざる”や“そばざる”などの家庭用品など、生活に寄り添った竹細工を得意としています。夫婦二人三脚で西川登竹細工を全国に伝えています。

栗山商店

▼映像もご覧ください

選考プロセス:
①応募フォームからご応募してください
※申込後のエントリーシートご提出をもって、応募完了となりますのでご注意ください
②期日(2022年9月18日日曜日)までにエントリーシートをご提出ください
③書類選考を実施します
④WEB面談を実施します
⑤参加者を決定いたします
※最終結果は10月3日(月)までにご連絡いたします

参加費:無料
※集合場所までの交通費、現地での食費は自己負担となります
(交通費は上限3万円まで補助がでます)

応募締切:2022年9月18日(日)まで
※参加希望者は下記応募フォームよりお申込みください
※参加申込の自動返信メールに、エントリーシート記入のURLが届きますので、
期日(2022年9月18日日曜日)までにエントリーシートをご提出ください。

本応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

NEW CONTENT

現在募集中!伝統工芸の後継者インターンシップ一覧

軽井沢彫後継者インターンシップ

山形県置賜紬後継者インターンシップ

インターンシップや求人情報等を配信中!

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram