ニッポンものづくりフィルムアワード 作品公開中!

ふたりごと文庫 みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

みんなの「”あの人”に知ってほしい!」をつなぐオンラインマガジン

> ふたりごと文庫一覧

2017年03月23日

めひかりの佃煮、いただきます。ごちそうさまでした。

ふたりごと文庫にも寄稿いただいております
シイラさんより、先日なんと!

噂の「めひかりの佃煮」をいただきました!

ニッポン手仕事図鑑の皆さまにと頂戴いたしました!
ありがとうございます!

めひかりの佃煮

大月もおすそ分けをいただき、
早速、家に帰って白ご飯を準備!

やはりコレですよ。
ホカホカの白ご飯にメヒカリをのせていただくのが最高!

と、ご飯をたいている間にメヒカリさんの撮影会。

干魚のやまさき

そう、原材料は
アオメエソ(メヒカリ 高知市産)と、砂糖、酒、醤油、水あめ のみです!
保存料や着色料等は入っておりません。

大月は、その時点でパッケージに拝んでおりました。

なんと嬉しいことでしょうか。
添加物が普通になりつつある世の中、
ありがたやありがたや。

パッケージを開けると
甘くて香ばしいお魚の良い香り。

メヒカリの佃煮

コレだけでご飯が進みますねぇ。
さて、ご飯が炊ける前に一匹ちょっと味見。

う…旨い!!もぐもぐ…

甘じょっぱくて…もぐもぐ…

ちょっと歯ごたえがあって…もぐもぐ…

お魚の香りが…!…もぐもぐ…

既に3~4匹つまみ食いする大月。
しまった、このままではご飯が炊ける前に無くなってしまう!


ぴーぴろりろぴー♪ぴーぴろりろぴー♪♪♪

軽快なご飯が炊ける音と共に
しゃもじをスタンバイ!

そして、ご飯をよそって…
いっただきま~す!!

メヒカリの佃煮とごはん

うっまぁ~ぃ!
これは、一匹だけでも、何口もご飯がススム!

でも…なんか勿体ないような…!
盛大にご飯はかき込まず、
ちょっとずつ、ちょっとずつ、ご飯とめひかりの佃煮をいただく。

食事の時間って本来そういうものなのかもしれませんね。

自然の恵みである食材を
ありがたくゆっくりと味わっていただく。

ごはんに有った適量のめひかりの佃煮をいただき、
蓋をして、
すぐに全部たべてしまうのは「もったいない」
しぜんとそんな気がしました。

そんな気持ちが働くなか、
残りは、今度日本酒のと一緒にいただこう~♪
なんてウキウキした事も考えていた大月でした。

ちなみ、編集長は鹿角の日本酒と一緒にいただいたそうです。

シイラさん、ありがとうございました。
また、めひかりの佃煮を作って下さった干魚のやまさきさん
ありがとうございました。

メヒカリさん、
ごちそうさまでした。

ニッポン手仕事図鑑WEBディレクター 大月さん

名前:大月さん
職種:WEBディレクター
出身:佐賀県

佐賀県と麺と、うさぎをこよなく愛す
WEBディレクター兼、雑用係り・プロダクトマネジャー見習い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーペーパーvol.3完成!
重版されました!
OUR SERVICE

ニッポン手仕事図鑑オリジナルデジタルカタログギフト

SPECIAL THANKS

ニッポン手仕事図鑑公式ツイッター

ニッポン手仕事図鑑公式Instagram